TOP >>  ワイン関連書籍 >>  ヴィノテーク




今月の読みどころ・飲みどころ
3月号の読みどころ ヴィノテーク2016年3月号は南アフリカワイン特集です。
350年のワイン生産の歴史をもつ南アフリカで今、新たな品種の導入や産地開拓の動きが進んでいます。
注目すべきは豊富な酸のある地中海系品種。そして先を行く生産者たちの視線は、海沿いや標高の高いエリアなど冷涼地に向いています。
南アフリカの真の最新の動きを知るには必読の号です。
もうひとつの特集はポルトガルのヴィーニョ・ヴェルデです。
ポルトガルにしか見られないような固有品種から、近年は洗練されたスタイルが生み出されるようになり、欧米のワインメディアでも注目が高まっています。そのユニークな背景を現地取材によりレポートします。

4-21 南アフリカワイン特集■蛯沢登茂子
6-21 南アフリカワイン新時代のために 新たな品種と産地の模索
――地中海品種に期待/ブッシュ・ヴァイン、高標高から生まれるフラッグストーン/ 海へ、山へ、冷涼産地を求めて/KWVのスーパー・プレミアムワイン/ 新世代のアイコン、イーベン・サディ/石灰質のロバートソン/サステイナビリティの促進・・・etc.
3-4 真の力の新時代を拓く南アフリカワインたち
28-40 ポルトガルのヴィーニョ・ヴェルデ
32-33 世界にひとつ ユニークさから生まれるヴィーニョ・ヴェルデ
34-40 ヴィーニョ・ヴェルデ現地取材レポート その独自性を探る
――キンタ・ダ・アヴェレーダ/キンタ・ダ・リーシャ/キンタ・デ・ゴマリス/キンタ・デ・アズヴェード/ アフロス/ポンタ・ダ・バルカとポンテ・デ・リマ/アンセルモ・メンデス/ソアリェイロ
28-31 清新なヴィーニョ・ヴェルデのワインたち
41-45 田崎真也が利く南アフリカワイン18種&ポルトガルのヴィーニョ・ヴェルデ30種
22-25 純米酒の高みを目指す 桶仕込みという選択――大七酒造■庄野純子
26-27 シャントレーヴの栗山朋子さんと共に最新のブルゴーニュワインを利く・聞く会
46 ワインを詠む〈101〉「可能性秘めたブルゴーニュ品種の産地 サンタ・クルーズ・マウンテンズ」■山本昭彦
47 古酒礼賛+巡礼〈71〉「思い出のバーテンダー」■秋津壽翁
48 葉山考太郎のワイン漫筆〈166〉「ワインショップのお宝ワインとバルト海のお宝ワイン」
49-54 クローズアップワインNOW!!
――南アフリカの新世代からトップ・ワイナリーまで来日/第10回オルカ・インターナショナル・バイ・ザ・グラス・プロモーション結果発表/ 大橋健一MW認定祝賀会/アルゼンチンのクロス・デ・ロス・シエテ/カリフォルニアの新潮流ベッドロック・・・etc.
2 ブティック・ヴィノテーク
3 ワイン告知板
55 編集後記「ワインと食とSakeのある風景」
56 ワイン会カレンダー



<次号予告>
ヴィノテーク2016年4月号はワインとチーズのおいしい関係を特集します。
チーズのプロフェッショナルが語るチーズ造りの現場を通じてのワインとの楽しみ、チーズと密接に結びつく産地の生産者が見るマリアージュ、さらには日本酒との相性も探ります。
日豪経済連携協定によりさらに飛躍が期待されるオーストラリアワイン。注目の生産者たちについてレポートします。

2016年・3月号・ヴィノテーク・南アフリカワイン真の力の新時代
商品コード:002221




2016年・3月号・ヴィノテーク・南アフリカワイン真の力の新時代


販売価格 1,100円(税込 1,188 円)
ポイント 11ポイント進呈
送料別
在庫切れ
この商品へのお問い合わせ
お友達にメールですすめる
お気に入り商品
レビューを書く
QRコード読み取りにより
携帯電話でご覧いただけます。


この商品のレビュー


 

未成年者への飲酒は法律で禁止されています。お酒は20歳になってから。

| HOME | 会社概要 | プライバシーポリシー | Q&A |

住所:〒173-0004 東京都板橋区板橋1-34-2
TEL:03-3963-3217 FAX:03-3963-3220
MAIL:wine@wizumiya.co.jp

Copyright WINERY IZUMIYA co.,Ltd.All Right Reserved

PAGE TOP