検索

【重要】表示在庫つきまして


カテゴリー
ニューアイテム
再入荷
カテゴリー
  • 新井治彦ブログ
  • メルマガの登録・停止はこちらから
TOP >>  食品 >>  自然海塩



我が家では「魔法の塩」と呼ばれているくらい、美味しいお塩です!!

ず〜っと、「美味しいお塩」、探してたんです。「ちょっと美味しいお塩」は結構あるのですが、「すっごい美味しいお塩」は なかなか無くって・・・。

あるデパートでのイタリア・フェアーで、このお塩をテイスティングしてみて、「あ、コレコレっ!!」 という感じでした。即、名刺を出しちゃいました。

イタリア、シチリアの自然海塩です。


シチリア西岸とアフリカ大陸に挟まれたシチリア海峡は、海水の汚染もなく、千年以上にわたって海塩作りが行われてきました。今回ご紹介する「ラヴィダ」自然海塩は、シチリア島で400年以上に渡って最高のオリーヴオイルを作り続けてきた、貴族の家系ラヴィダ家が、マルサラの塩田で伝統的な製法を用いながらも洗練された設備で生産する天日乾燥の自然海塩です。

★★★どうやって、この美味しい塩ができるのかというと・・・★★★


毎年春に塩田に引き込まれた海水は、夏の間ほとんど雨の降らないこの地域のキョウレツな太陽の日差しと、アフリカからの熱風によって、秋には塩の結晶を作ります。
その塩を洗浄や精製を行わず、一定の大きさに挽くことによってできたのが、この自然海塩です。 もちろん、添加物などは、一切使用していません。

そうしてできた「ラヴィダ」自然海塩には、カリウム・マグネシウム・カルシウム・ヨウ素など、天然のミネラル分が豊富に含まれているのです。

それが、旨味 なんですね!


口に含んだ第一印象は、 「甘い♪」 でした。
塩辛さも、ストレートな塩辛さではなく、デリケートな天然の甘味とミネラルの旨味が口一杯に広がります。

また、この間は、お魚に、この「ラヴィダの塩」を多めに振って、焼いたら、お魚の臭みが消え、塩も柔らかい塩味で、魚の身に入りすぎず、皮まで美味しく食べられました。

豚バラの塊に、この「ラヴィダの塩」をたっぷり塗りこめ、ピッチリラップをして三日目くらいからが食べ頃!の塩豚もとってもオススメです。スライスして茹でても、焼いても、鍋にしても美味しいですよ!!
しょっぱ過ぎず、やさしい甘めの塩なので、きつい味になりません。

◆   ◆   ◆ 塩豚の作りかた ◆   ◆   ◆


豚バラ(または肩ロース)の塊に、油の側に2〜3本包丁で筋を入れ、 「ラヴィダの塩」をたっぷり塗ります。
ペーパータオルで包み、その上からラップでピッチリ包み、 ファスナー付きのポリ袋に入れて冷蔵庫へ。

1日たったら、水分を吸ったペーパータオルを取り換えます。
※そのまま焼くときには、軽く水洗いしてください。
焼いたりパスタに入れたりして食べるには、3日目くらいが食べ頃!
茹でたりスープにしたりするなら7日目くらいが美味しく食べられます。
スライスし、白菜やキャベツなどと交互に重ねて煮込んでも美味しいです!

ラヴィダの塩で作れば、しょっぱ過ぎず、やさしい甘めの塩なので、きつい味になりません

◆   ◆    ◆   ◆   ◆

茹で野菜にパラパラと振ってもいいですし、「このままで充分つまみになるよ」 という方もいらっしゃると思います。

試しに、アルミに載せて、予熱したオーヴントースターで、4分ほど焼いてみたら、美味しいおつまみになりました。

パッケージもおしゃれです。

テキスト:根本友子

 

ラヴィダ・自然海塩・500g
商品コード:000784




ラヴィダ・自然海塩・500g


販売価格 1,150円(税込 1,242 円)
ポイント 12ポイント進呈
送料別
ご購入数量
(在庫数 11 個)
この商品へのお問い合わせ
お友達にメールですすめる
お気に入り商品
レビューを書く
QRコード読み取りにより
携帯電話でご覧いただけます。


ラヴィダ・自然海塩・500g
イタリア/シチリア・塩 
生産者:ラヴィダ
輸入元:ミレニアムマーケット
イタリア、シチリアの自然海塩です。

シチリア西岸とアフリカ大陸に挟まれたシチリア海峡は、海水の汚染もなく、千年以上にわたって海塩作りが行われてきました。今回ご紹介する「ラヴィダ」自然海塩は、シチリア島で400年以上に渡って最高のオリーヴオイルを作り続けてきた、貴族の家系ラヴィダ家が、マルサラの塩田で伝統的な製法を用いながらも洗練された設備で生産する天日乾燥の自然海塩です。
この商品のレビュー

おすすめ商品
賞味期限2017年9月20日ペースト・ディ・マッタンツァ180g
1,728円(税込)