TOP >>  ワイン >>  日本 >>  勝沼醸造




甲州に特化し、甲州のテロワールを追及する「勝沼醸造」

1937年創業以来、勝沼のワイン産業振興に尽力してきました。

1990年頃から高品質なワイン造りに注力し始め、
2003年にはフランスのワインコンクール、

「ヴィナリーインターナショナル」

で銀賞を受賞するなど、評価を高めてきた実力派ワイナリー。

現在では日本古来のワイン用葡萄品種である「甲州」に特化し、
勝沼のテロワールを追及する造り手として日本国内のみならず
世界的にも高い注目を集めています。


畑で熱く語る醸造家 平山氏
1981年から勝沼でワイン造りに携わってきた平山氏は、醸造責任者として甲州の可能性を日々探求する情熱的な人物です。

『甲州は非常にアロマティックな葡萄。
土地によって様々な可能性があるんです。』

と語る平山氏は出来る限り自然体でのワイン造りをモットーとし、毎日飲めるような、料理との相性の良いワインを造り上げています。

勝沼町は山梨県においてはほぼ中央、甲府盆地においては東部に位置し、内陸で盆地特有の気候に恵まれた日照時間が長い土地。

勝沼町東部から南部にかけて天目・笹子・御坂といった山脈が連なり、西北部には日川をはじめとした複数の河川によって形成された扇状地が複合して存在しています。

このように複合して存在している扇状地が、勝沼に複雑なテロワールをもたらしていると考えられます。

土壌は火山からの灰や花崗閃緑岩、河川の堆積岩から形成されており、水はけが良く深い根を張るための通気性が良いなど、土壌条件としても葡萄栽培に適した産地といえます。

また湿気が多い日本としては降水量が少なく、昼と夜の気温の落差も大きいため葡萄産地として適しています。

勝沼町に隣接し、日川の上流に位置する大和町の畑から造られる『大和』。

土壌は水はけの良い砂礫質。

勝沼町よりも標高が高く、昼夜の温度差が栽培に理想的。
風通しが非常に良く、湿気も低く保てます。

「大和」甲州テロワール・セレクション [2014] 勝沼醸造
日本/山梨・白

醗酵はステンレス・タンク、ステンレス・タンクで6ヶ月熟成。

口に含むとキリッと透明感のある果実味と、豊かな酸味が特徴的。

ミネラル感も高く、はっきりとした個性を持っています。

鮨との相性はもちろん、白身魚のカルパッチョとの相性も抜群です!

内容量 750ml

「大和」甲州テロワール・セレクション [2014] 勝沼醸造
商品コード:740176




「大和」甲州テロワール・セレクション [2014] 勝沼醸造


販売価格 2,060円(税込 2,224 円)
ポイント 21ポイント進呈
送料別
在庫切れ
この商品へのお問い合わせ
お友達にメールですすめる
お気に入り商品
レビューを書く


この商品のレビュー


 

未成年者への飲酒は法律で禁止されています。お酒は20歳になってから。

| HOME | 会社概要 | プライバシーポリシー | Q&A |

住所:〒173-0004 東京都板橋区板橋1-34-2
TEL:03-3963-3217 FAX:03-3963-3220
MAIL:wine@wizumiya.co.jp

Copyright WINERY IZUMIYA co.,Ltd.All Right Reserved

PAGE TOP