ラウス



LAUS

ラウス


ソモンターノの新しいクオリティ・リーダー

2002年創業というまだ新しいボデガですが早くも話題になっているのがこのボデガス・ラウスです。ボデガス・ラウスは実業家ルイス・ソサヤ氏とD.O.ソモンターノの委員長を務めるマリアノ・ベロス氏が中心地バルバストロの近くに2002年に創業したボデガです。ラテン語で『賞賛、検討する』を意味する『Laus』からその名をつけ、最も重要視するテロワールに敬意を払い、最高のワインをつくることを信条としています。合計400haの自社畑を所有。樹齢15年以上で、古い樹齢の良質な畑を徹底的に調査し、選び抜かれたその畑でメルロ、カベルネ・ソーヴィニヨン、テンプラニーリョ、シャルドネ、ゲヴェルツトラミネールなどを栽培しております。大陸性の影響を受けた地中海性気候で、適度な降雨量、成熟期の昼夜の温度差により果実味と色素の豊かな葡萄が収穫されます。他地域と比べ3週間ほど熟成が遅く、ピレネー山脈から吹き降りる冷風により、病害も少なく健康的な葡萄が採れ、恵まれたミクロ・クリマからはしっかりとした酸のある複雑味のあるワインが生まれます。

表示件数
並び順
商品数:2件

        円 



未成年者への飲酒は法律で禁止されています。お酒は20歳になってから。

| HOME | 会社概要 | プライバシーポリシー | Q&A |

住所:〒173-0004 東京都板橋区板橋1-34-2
TEL:03-3963-3217 FAX:03-3963-3220
MAIL:wine@wizumiya.co.jp

Copyright WINERY IZUMIYA co.,Ltd.All Right Reserved