マエティエラ・ドミナム


 
マエティエラ・ドミナムはスペインで有名な醸造学者のイグナシオ・デ・ミゲル氏からアドバイスを受けながら、醸造家のラウル・アチャを中心に、リオハの伝統を脱却した新しいワインを楽しみながらつくっています。

まさにモダン・リオハと呼ばれるワインでしょう。  



マエティエラ・ドミナムでのワイン作りは、独自に考案したクアトロ・パゴス・コンセプトに従っています。何年もかけてリオハ中のワインをテイスティングして気候と土壌が特徴的な4つの地区に限定し、それぞれの地区の特徴を活かせる4つの土地(クアトロ・パゴス)を選びました。

ワインを特徴付ける4つの品質、フルーティさ、力強さ、上品さ、ワインの寿命において、テンプラニーリョ、ガルナッチャ、グラシアーノのそれぞれの葡萄品種が最大限の特徴をだせるよう、4つの土地から最適な土地を選択しています。

 
これらの土地で樹齢の高い葡萄樹を栽培し、生産を限定することでそれぞれの葡萄の良さを最大限に引き出しています。  

マエティエラ・ドミナムは4つの土地の葡萄を別々に醸造しています。ワインの熟成は微妙な違いを出すことを狙って異なる原産地の森と異なるトーストが混ざった7種類の新樽を使用します。それぞれの葡萄のワインは果実とオークのバランスが最適になるのを見計らい樽から出します。醸造や熟成の時間は限定せず、そのベストなタイミングで行うため、バックラベルにも何も記載しません。 

マエティエラ・ドミナムは葡萄の栽培、醸造、熟成まで基本的にオーガニック的なワインを作っています。葡萄栽培はオーガニックのガイドラインに従っています。卵白での清澄作業、無濾過でボトリングします。  


2007年6月にボデガに遊びに行き、カーヴ、セラーを見学、ゲストハウスで昼食をワインと共にご馳走になりましたがとても美味しく購入を決めました。特にQPは別格でした!

お土産にいただいた最上のワイン、メランテ・コレクション ( カスティーリョ・デ・マエティエラ ) は凄く美味しかったです。

写真はゲストハウス→

 

2007年9月、フランシスコ社長と輸出マネージャーのサラちゃんが来日、ワインバー・エスペルトでワイン・メーカーズ・パーティを行いましたが、マエティエラのワインたちは大好評でした。  

マエティエラ・ドミナムはビンタエ・グループのボデガのひとつで、白ワイン専門のカスティーリョ・デ・マエティエラも所有します。 カスティーリョ・デ・マエティエラはこちら 

表示件数
並び順
商品数:1件

        円 



未成年者への飲酒は法律で禁止されています。お酒は20歳になってから。

| HOME | 会社概要 | プライバシーポリシー | Q&A |

住所:〒173-0004 東京都板橋区板橋1-34-2
TEL:03-3963-3217 FAX:03-3963-3220
MAIL:wine@wizumiya.co.jp

Copyright WINERY IZUMIYA co.,Ltd.All Right Reserved