TOP >>  ワイン >>  オーストラリア




オーストラリアの葡萄栽培は1788年の植民開始とともに始まりましたが、本格的な発展は約50年後の、ジェームズ・バスビィがヨーロッパの定評ある品種を大量に持ち帰ってからのことです。1880年頃にはイギリス本国への輸出も、甘口デザートワインを中心に急速に発展しました。

現在の生産量は60万kl、葡萄栽培面積は9万haと非常に拡大しました。葡萄栽培地域はサウス・オーストラリア、ヴィクトリア、ニューサウスウェールズの3州が中心で、その内サウス・オーストラリアが約半分を生産しています。

ここ数年のオーストラリアワインの発展は素晴らしく、多くのタイトルをとっていることを見てもその現状が理解できます。

ペンフォールド社のチーフワインメーカーであるピーター・ゲーゴー氏が、ワイン業界で最高の称賛のひとつ、「ワイン・エンスージアスト」誌の2005年度ワインメーカー・オブ・ザ・イヤーに選出されました。



| 1 |
ジェイコブス・クリーク
ローガン



デントン・ヴュー・ヒル・ヴィンヤード
ヴィンテロパー



| 1 |


 

未成年者への飲酒は法律で禁止されています。お酒は20歳になってから。

| HOME | 会社概要 | プライバシーポリシー | Q&A |

住所:〒173-0004 東京都板橋区板橋1-34-2
TEL:03-3963-3217 FAX:03-3963-3220
MAIL:wine@wizumiya.co.jp

Copyright WINERY IZUMIYA co.,Ltd.All Right Reserved

PAGE TOP