ルラージュ・プジョー

シャンパーニュ ルラージュ・プジョー

メゾンについて

○ 歴史

17世紀、ピエール・アンリ・ルラージュがヴリニのワイン生産者出身のマドレーヌ・ドラヴィニーと結婚したことにより、ルラージュ一族ははじめてのぶどう畑を手に入れた。

その後の世代に渡ってピエール・アンリの子孫はシャンパーニュ地方へ土着しワインの製造を続け、7世代でルラージュのぶどう畑を開拓していった。

1987年より、ドミニク・ルラージュは妻とともに自営農場を受け継ぎ“CHAMPAGNE LELARGE-PUGEOT”が誕生した。

○ 畑

モンターニュ・ド・ランス地区シャンパーニュ街道沿いに、次の3つの村にまたがる8.7ヘクタールのぶどう畑がある。

ヴリニ村 クロム=ラ=モンターニュ村 ゲウークス村この3つの村は栽培されるぶどうの約80%がピノ・ムニエ。

ヴリニはプルミエ・クリュ村として知られており、粘土質の土壌がルラージュ・プジョーのワインに独特の味わいを与えている。

○ 倫理

“私たちの信念は、ぶどう栽培に対する尊敬と長年にわたる追及と言える”ルラージュ・プジョーの哲学は、ぶどう畑を守り、ぶどうの樹を保存することである。ドミニクは長年にわたり積極的に研究を続け、多様な生物や微生物を取り入れた。

人体と同じく【生き物の防御本能が働けば、ある種の病気は自然治癒する】と彼は考える。

2010年、ぶどう畑とその生態系を守るために、有機農法に着手する。

○ ワインメーカー

独立経営の製造者として大切なのは質の良い仕事である。そしてそれは土地や気候の多様性、ワイン作りのノウハウ、作り手の人柄にも象徴される。

土地への敬意を持ち、伝統製法を守った栽培・収穫・醸造・瓶詰・販売をメゾンで行っている。

オーガニックについて

1985
ドミニク・ルラージュが家族経営のメゾンを引き継ぎ、シャンパーニュ地方ワイン生産同業委員会を
模索してきた。その実践のひとつが農薬の散布を減らすことだった。

1990
“ワインは自然からの贈り物である”として、自然界のバランスを保つことを目標に新たなメソッドを
実行していった。低投入型農業が自然環境と人に与える影響は大きい。

ぶどうも人間の体と同様に生きており、抗体と自然治癒力を備えている。

2000
この年より殺虫剤の使用をやめ、てんとう虫やクサカゲロウが蜘蛛や毛虫を食べるといった
生物の捕食性を利用した結果、除草剤と殺菌剤の使用は目に見えて減少した。“自然のまま”を
キーワードに、草を生やしたぶどう畑の一角で耕作を始めた。

2006
ワインの品質はぶどうで決まるには畑全体が草に覆われ、代替手法による有機農法へと転換した。

2010
あるがままの自然を次世代へ残すべく、ルラージュ・プジョーは完全に有機農法へと転換した。
有機生産という新たな選択肢の中で、病害対策には硫黄や銅といった微量元素のみを使用した。

馬を使っての耕作、栽培、収穫はシステマティックに行えるようになった。

2012
“最高のシャンパーニュを作るには最高のぶどうを栽培する”

“1年1年が挑戦であり、ぶどうの状態を細心の注意を払って見極める”

土壌微生物学者のクロード・ブルギニョンらのように、進歩するという意志と自然農家として
学習することを信念とする。シャンパーニュ地方ワイン生産同業委員会などとともに様々な
試みにも取り組んでいる。

2013
1月、無農薬のぶどうから造られた初めてのキュベが完成し、2014年にリリースとなる。

2012 年の収穫からビオディナミ農法へ転換し、野生生物と野生植物のバランスを維持しながら
ぶどうの免疫強化に努めた。

“ワインは作るのではなく育てるもの。ブドウの成長過程を見守る事に専念し、土地と造り手を映す
自然なシャンパーニュを造っている”


表示件数
並び順
商品数:4件

        円 



未成年者への飲酒は法律で禁止されています。お酒は20歳になってから。

| HOME | 会社概要 | プライバシーポリシー | Q&A |

住所:〒173-0004 東京都板橋区板橋1-34-2
TEL:03-3963-3217 FAX:03-3963-3220
MAIL:wine@wizumiya.co.jp

Copyright WINERY IZUMIYA co.,Ltd.All Right Reserved