ド・スーザ

DE SOUSA
ド・スーザ

《歴史》

エペルネの南部、コート・デ・ブランの特級畑アヴィーズ村(Avize) の中心にカーヴを持つ家族経営のシャンパーニュ・メゾンです。3代目当主であるエリック・ド・スーザの祖父が設立しました。エリックは14歳の時から父親のもとでシャンパーニュ造りを学び、1986年に当主となり、急激に品質と評価を上昇させました。

《土壌》

シャルドネの銘醸地コート・デ・ブランの中でも、最も繊細なチョーク質土壌を持つアヴィーズ村。土壌の20cm下のチョーク質の岩盤があります。さらにその堆積過程は他の村と異なり、この村の土壌でしか発見できない古代生物の化石もあります。(ド・スーザのモニュメントにもなっています)。この古代の化石なども含む繊細な土壌が、葡萄にエレガントさとミネラル感を与えています。

《栽培・樹齢》

効率的な栽培のために使用される除草剤、殺虫剤、化学肥料などを一切使用せず、イラクサ、カモミール、西洋タンポポなどで作られた自家製の調合剤を散布します。また除草策の一つとして頻繁に土を耕します。それにより土に空気が送り込まれ、微生物がより活発となり、ビオディナミ農法が可能となります。微生物の活動が活性化された『生きた土壌』からは最高の葡萄がゆっくりと育っていきます。 収穫は、葡萄が完熟するまで待ちます。通常、酸度を重視するシャンパーニュでは早めに収穫を行いますが、ビオディナミ農法により、土中の岩盤に深く入り組んだ根がミネラルを吸収し、ワインにフレッシュさを与えることが出来る為、ド・スーザでは『完熟した香り豊かな葡萄』が収穫できるのです。 平均樹齢45年、古いものでは50年~70年ものの古木が栽培されています。通常と比べ、収量は約30%程度落ちますが、樹齢を重ねるごとに深く入り組んだ根は、様々な途上成分を吸収し、熟度の高い、バランスの取れた高品質な葡萄が収穫できます。

世界で選ばれるシャンパーニュ

『繊細でミネラルのある土壌』『生きた土壌を作り出すビオディナミ農法』『深く根を張った樹齢の高い樹』。この3つの相乗効果によってこそ、『完熟した果実の豊かな香り』『濃密な旨味』『柔らかな酸に輪郭を与える強靱なミネラル』が表現され、世界で選ばれるシャンパーニュ『ド・スーザ』が造り出されます。

表示件数
並び順
商品数:2件

未成年者への飲酒は法律で禁止されています。お酒は20歳になってから。

| HOME | 会社概要 | プライバシーポリシー | Q&A |

住所:〒173-0004 東京都板橋区板橋1-34-2
TEL:03-3963-3217 FAX:03-3963-3220
MAIL:wine@wizumiya.co.jp

Copyright WINERY IZUMIYA co.,Ltd.All Right Reserved

PAGE TOP