料理通信2019.07月号に掲載されました

料理通信2019年7月号『新・クリエイション魂 vol.16』に掲載されました!

ワイナリー和泉屋の新井治彦です。
『料理通信』2019年7月号の「新・クリエイション魂 Vol.16」に掲載されました!

ちょっと嬉しい。お題は『新潮流に見るワインの本質』、スペインワインの今がしっかり語られています。そう、日本もそろそろスペイン????のファインワインに注目すべきタイミングなのかも。

プロのカメラマンさん、さすがです。20パーセント増しのかっこよさで撮ってくれました。

PDFファイルでご覧になる場合はこちら

インタビューに出てきたスペインの造り手たち

ラウル・ペレス

「交流が始まった直後に、ラウルは世界的な評価を得て、スターダムを駆け上がっていきました。スペイン各地の造り手からアドバイスを求められるようになった。(~中略~)それらのワインが専門誌でことごとく高得点を獲得するのです。土地が変わっても品種が変わっても優れたワインを生み出す彼には真の天才を感じます」

ラウル・ペレスのワインはこちらから

ダニエル・ゴメス・ヒメネス・ランディ

グレドス山脈の標高1,000m周辺の斜面。機械なんて入りようもない場所に畑を持ち、耕すのも収穫も人の手とラバ頼み。(~中略~)「ダニエルに『なんで、こんな場所で栽培するんだ?』って尋ねたことがあります。(彼は)『世界一のガルナッチャのワインを造るにはこういうところでないとだめなんだ』と。」

ダニエル・ゴメス・ヒメネス・ランディのワインはこちらから

ラウル・ボベ

「新潮流にはスペインワイン界随一の知識と技術を誇るラウル・ボベという醸造家がいて、確実に安定的な品質のワインを造るのですが、同じラウルでもボベがレクサスなら、ペレスはフェラーリ。骨は折れるけど天才の魅力には敵わない(笑)」

ラウル・ボベのワインはこちらから
表示件数
並び順
商品数:26件

未成年者の飲酒は法律で禁止されています。お酒は20歳になってから。

| HOME | 会社概要 | プライバシーポリシー | Q&A |

住所:〒173-0004 東京都板橋区板橋1-34-2
TEL:03-3963-3217 FAX:03-3963-3220
MAIL:wine@wizumiya.co.jp

Copyright WINERY IZUMIYA co.,Ltd.All Right Reserved

PAGE TOP